BLOG

お大事に!

2021/03/15

お大事にしてくださいとか、大事にしまっておきなさい
などと言いますが、元々佛教で『大事』とは一大事因縁のことを言います。つまりは略語です。

一大事因縁とは何かと言うと、全ての人を導き覚らせることです。仏法僧の三宝に帰依して自分の心に悟りを得ること、これが大事の正体です

しかし、この世の人たちの能力や気質はさまざまで、その一人一人に仏自らと同じ知見を得させることは大変な事業です。そのためには、それぞれの人たちの能力や気質の違いを熟知し、それらにあった導き方(方便)が必要になります。その際、仏は人々の能力や気質などの違いをそれぞれの個性として受け止めますが、能力そのものを評価しているのではありません。仏の願いはあくまでも一切の人たちが覚りを得て欲しいということで、そのためにはあらゆる手だてを惜しまないということなのです。そして、この深い願いは一切の人たちへの限りない信頼をも示しているのです。