BLOG

静岡、納骨堂・永代供養「鼠と烏」

2021/01/10

令和3年も早10日です。さて「嫁が君」とはネズミのこと、「初烏」と共に新年の季語でする。穀物を食い荒らすネズミは迷惑な動物ですが、幸福をもたらす大黒さまの使いとされています。姿や声から不吉な鳥とされるカラスは、神の使いでもあります。日本サッカー協会のシンボルマークになっている「八咫烏」は神武東征の折、道案内をしたといわれる烏であり、熊野の神様のお使いとされている。また、正月の三が日に限ってネズミを「嫁が君」と親しく呼び、元旦に鳴くカラスを「初烏」と称して愛でるのは、ネズミとカラスの良い面に光りをあてて縁起をかつぎ、めでたい正月を祝うためです。

いまコロナ禍の未知のウイルスは、私たちの生活を一変させました。再度出された緊急事態宣言にも含まれていますが、外出を控えることを教勢されて、家に籠もる日が続きます。ステイホームを苦痛だと感じた人は、少なくありません。

宗祖聖人のご遺文にもしばしば疫病に書かれていますが、数年のあいだ蔓延したとあります。昔のことなので、ワクチンもなく長くかかった事を割り引いても治まるのにし2年はかかると察します。という事はあと1年は続くのではないかと考えます。

ただ嘆いてばかりいても始まりません。前を向いて進むのが一番のプラス材料です。「今こそ立ち止まって、自分を見つめ直すチャンスだ」と、ステイホームをブラス思考でとらえてみましょう。みずからを直視すれば、初めて気づくことが、山のようにあるはずです。