BLOG

静岡、納骨堂・永代供養「ご挨拶」

2019/12/03

「いってきます」と言えば「いってらっしゃい」と見送くるのが私たち人間の当然の挨拶です。毎日の生活でのご挨拶に頻繁に使われる言葉です。
帰ってくれば「ただいま帰りました」と「お帰りなさい」とご挨拶がされます。往くと来るだから往来という基本的な動作のなかに常にある詞です。人は最低限これが出来ないと失格です。「人」は「人間」ともいいます。人と人の間にある「間」が大切です。「間」を上図に結びつけるのが人として生きる上で一番大事なこと一大事なのです。

この世の命が終わった時にも「いってきます」と「いってらっしゃい」は大事なことで、それが葬式なのです。一時期、密かに送ってしまうやり方が流行ってきていましたが、それも少し考え方が微妙に変化しているようにも感じます。

送られた命が仏さまのところで「ただいま帰りました」と挨拶できるように心を込めて葬儀をしてやるべきです。送る側が大勢で元気に「おつかれさまでした、いってらっしゃい」をするべきだと願う。
これが往生の根底にあるもので、仏さまの世界へ往って生きてもらうために、我々は常に生かされている。この世でもあの世でも・・・死んだら最後ではないまだある・・・。仏さまの世界である霊山浄土にて仏さまに仕えることです。

彌勒の丘・納骨堂・永代供養塔は霊山浄土の入口です。仏さまの世界へと通じる素晴らしい新しいカタチのお墓です。当山のお墓には毎日お経が上がりご回向が永遠に続きます。お待ちしております。