BLOG

静岡、納骨堂・永代供養「おもてなし」

2019/09/25

東京五輪が決定した時「おもてなし」って言葉がはやりました。有名なのは滝川クリステルさん2013年ブエノスアイレスで開かれたIOCの夏季東京五輪誘致にてフランス語と英語でプレゼンするという重責を担い、日本の「お・も・て・な・し」の心を印象的にアピール。東京への招致に一役買い、この言葉が2013年の「新語・流行語大賞」の年間大賞を受賞した。とてもいい言葉です。そのクリステルさんこともあろうに8月7日に衆議院議員の小泉進次郎と結婚すること、妊娠していることを発表した。首相官邸で安倍晋三首相と菅義偉官房長官に結婚を報告し、その後報道陣の取材に応じた。翌8日に婚姻届を提出とのこと。これとていい意味の無常を感じますね。
 我々は仏さまや神様ご先祖をに供養するのに必ず献花をしますね。「花のおもてなし」です。恒に心がけていたいと思います。花には凄いエネルギーもあります。梅、桃、桜、ツツジ、皐等々、日本の花は散り際も美しく綺麗です。夏にはすっかりお世話になった蓮の華も人気ものです。だけれど西洋の薔薇はいけませんね。だいたい文字面も悪いし、散り際か汚い、綺麗を終えたあと茶色く汚くなったあと何時までもくっついていて離れずに汚いまんまですね。日本の花の美しさは極まっています。
 また花を見て怒る人はおりませんよね。何気ない花もそれぞれ分担もあるような見方もできる。花は本当に正直だ。おもても裏もない綺麗なものだから。これが南無妙法蓮華経と唱える所以なのです。妙法蓮華のお経なのだから・・・。彌勒の丘の本堂にもお花、納骨堂、永代供養塔にもお花は欠かせません。おもてなします是非お参りください。