BLOG

静岡、納骨堂・永代供養「グリーフケア」

2019/05/07

大切な人を亡くした心の痛みは、さまざまで心の傷のなかでも取り分け深い。怪我や病気で手当てが必要なように、死別の悲嘆にはそれを癒やす「グリーフケア」や、より積極的な「グリーフワーク」、そしてそばで支える「グリーフサポート」が必要になる。「自分らしさ」という個性には周囲との関係で作られているという。そのため大切な人を亡くしたときに襲われる喪失感は、その人に「もう会えない」という悲しみだけではなく、その人によって生まれたさまざまなものが「もぎ取られた」ような状態になるという。
 喪失体験によって自分の中の思いや感情は大きく変わって来ているのに「人前で涙を流していけない」という思い込みや「あなたがしっかりしないと駄目よ」といった。周囲の言葉などによって、心がフタをされたような状態になり、素直に感情を出せなくなってしまう。もし、この感情を抑え込んだ状態のままでいると、自分の心理状態のみならず、体調や行動が変化し、ひいては人間環境を及ぼすこともある。そこで悲しみと向き合う取り組み(グリーフワーク)を行うことによって、心のなかにある思いや感情を自然に外に出せるようになることが必要となる。悲しみに向き合う過程は決して単調でなく、行ったり来たり複雑に繰り返しにながら、少しずつ心が「元気」を取り戻していくのだという。そのためには心を込めた葬儀を心がけたい。当山では真心を込めて臨床経、通夜、葬式をいたします。そして、安らぎの場所である納骨堂と永代供養塔を用意しております。