BLOGブログ

富士で永代供養なら幅広く対応できる当寺院まで

富士で当寺院は永代供養以外の供養を行ってまいります

永代供養を希望の皆様に静岡にある当寺院は、多くの情報と確かなサービスを体験していただける環境を整えておりますので、おすすめです。
富士にある永代供養で評判の当寺院はその道を歩き続ける住職が皆様のお悩みに対してしっかりと対応していき、ご不安や悩みを解消できる環境です。
また当寺院のサイトでは、皆様と向き合っていく住職のことや日々の事柄まで、どんなことでもご相談いただけるような情報を更新しておりますので、当寺院のブログを一度ご覧ください。

  • 妙法蓮華経その壱

    2022/04/30
    ◇ 序品第一  『法華経』は王舎城の近くにある耆闍崛山(霊鷲山)において説かれています。釈尊は『無量義経』を説き終えると無量義処三昧に入っていました。この場には阿若隠陳如を始めとする一万二千の阿羅漢、二千の声聞、六千の比丘尼、八万の菩薩、梵天・帝釈等の神々や、阿闍世王等の人民が聴衆として来座していました。 そのとき天より華が振り大地が六種に振動します。これを「此土の六瑞」「他土の六瑞」といいま...
  • あたりまえに感謝

    2022/04/25
     「いて当たり前、いないと困る、さてこれなんだ?」   こう聞かれて思い浮かべる答えの一つが、「家族」ではないでしょうか。かといって、  普段の生活の中で、家族との関係を深く考えている時間は案外短い。なんだか不思議ですね。   「人と人との出会いは奇跡である」という言葉を耳にしたことがあります。その奇跡の相手  は、例えば恩師であったり、恋人であったり。でも一番身近な奇跡の相手は、家族でしょう。  ...
  • シャボン玉

    2022/04/20
    シャボン玉   シャボン玉 飛んだ 屋根まで 飛んだ 屋根まで 飛んで 壊れて 消えた シャボン玉 消えた 飛ばずに 消えた 生まれて すぐに 壊れて 消えた 風 風 吹くな シャボン玉 飛ばそ    みなさんご存知の童謡です。 野口雨情が自分の子供を幼くして亡くしたときに作った詩なんだそうです。 そう思って読んでみると、哀しい詩ですよね。。。 
  • 方便こそ真実なり

    2022/04/15
    方便品十如の話 仏様が法華の会座を開かれた最初   第一の説法で、一切の人を仏にする大事な考え方の根本になるお話です。それには諸法の実相を究め尽くすということです。問題は諸法と実相と二つになりますが、一つのものの二面の見方、考え方と存じます。それ故説明は二つになります。今の十如は「所謂諸法如是相云々」とて諸法の説明になります。世界中どんなものでも十通りのものを具して居てそれが、どんなものにも...
  • ようこそランドセル祈祷

    2022/04/10
    ◆ お子様がたくさんのお友達に恵まれること (えんむすび) ◆ 安全に登下校すること (交通安全) ◆ 一生懸命お勉強と運動に励むようになること (学業成就) 新入学の季節2/16~4/8の期間「ランドセル祈祷」をいたしました。親子共々に新しい世界へ夢を膨らませている事が伝わってきます。ランドセルと子供たちに修法を執り行い、上記如く祈願いたしました。 終えてから、「目標を持つこと」と「初心忘れるべ...
  • 花祭りへお誘い

    2022/04/05
    花まつり(釈尊降誕会)は、お釈迦さまの誕生を祝う大切な仏教行事です。 皆さまでお寺にお参りし、私たち一人ひとりの「いのち」の尊さを思いながら、また子どもたちがお釈迦さまのように健やかに成長する事を願いながら、 一緒にお釈迦さまの誕生をお祝いしましょう。 1.枯れ木に花を咲かせましょう! 「花まつり」という呼び方は大正時代から始まりました。 お釈迦さまがお生まれになったルンビニの花園にちな...

静岡にある当寺院で、永代供養を希望されている皆様にはぜひ一度当寺院まで足を運んでいただき、供養についての理解を深めてください。
永代供養を静岡県で行う当寺院は、葬儀から遺骨を納骨するお墓やお墓を管理する施設まで、故人が安心して死後の世界に逝けるように数多くのサービスをご案内しており、また当寺院のことを知っていただくための紹介も様々なメディアで行っておりますので、当寺院をご利用する前に一度ご覧ください。
寺院を利用するのが初めての方は、どういったことをするのかイメージが付きづらく、故人の方を任せて本当に大丈夫なのか不安になられます。
当寺院ではそのような不安を感じていただきたくないため、サイトでしっかりと寺院のことを紹介し、皆様と関わる住職はブログで日々のことや仕事のこと等随時掲載しておりますので、当寺院のブログをぜひご覧ください。