BLOGブログ

富士で永代供養なら幅広く対応できる当寺院まで

富士で当寺院は永代供養以外の供養を行ってまいります

永代供養を希望の皆様に静岡にある当寺院は、多くの情報と確かなサービスを体験していただける環境を整えておりますので、おすすめです。
富士にある永代供養で評判の当寺院はその道を歩き続ける住職が皆様のお悩みに対してしっかりと対応していき、ご不安や悩みを解消できる環境です。
また当寺院のサイトでは、皆様と向き合っていく住職のことや日々の事柄まで、どんなことでもご相談いただけるような情報を更新しておりますので、当寺院のブログを一度ご覧ください。

  • 苦しみ

    2021/06/30
    「苦を以って苦を捨てんと欲す」(方便品) 「私たち凡夫は、苦から逃れるために、新しい苦の原因になることをしてしまう。」という意味です。 例えば、家庭がうまくいってないと愛人を作り、家庭が崩壊してしまう。会社でうまくいってないとやけ酒をして病気を抱えてしまう。また、お酒が残った状態での勤務態度は周りに不快感を与えるでしょう。お金に困ると一攫千金を狙い、ギャンブルをしてしまう。勝つ確率の方が少ない...
  • 少欲知足

    2021/06/25
    法華経の普賢菩薩勧発品第二十八の中に、「少欲知足」という言葉があります。 「自分の欲を少なくして、私は今のままで足りている、満たされているということを知る。」という意味です。つまり、「何がないか」と考えるよりも「何があるか」を考える、という発想の転換をしなさいとお釈迦さまは説いて居られます。 「何がないか」というのは、経済という物差しで世の中を見るということです。大量生産、大量消費、大量廃棄と...
  • 東京五輪

    2021/06/20
     いよいよ1年遅れでオリンピックの開催となります。東京では、1964年以来57年ぶりの開催になります。街でもニュースでも喜びの声に溢れており、私も嬉しく思います。オリンピックというとシンボルでもある「五輪の旗」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。青・黄・黒・緑・赤の5色の輪は、それぞれ、オセアニア、アジア、アフリカ、ヨーロッパ、アメリカの5大陸を意味しています。  仏教にも「仏旗」とい...
  • 登竜門

    2021/06/15
    スカッと晴れ渡った青空に鯉のぼりが泳いでいると、とても清々しく思うこの頃です。 鯉のぼりの由来は良く知られています。後漢書にある故事で、黄河の急流にある竜門と呼ばれる滝を多くの魚が登ろうと試みました。そのなかで鯉のみが滝を登り切り、竜になることができた。このことから鯉の滝登りが立身出世の象徴となったそうです。鯉が竜になるところがとても素敵なお話です。 我々法華経に縁あるものはその身そのままに、...
  • 四季のお陰

    2021/06/10
    日本の四季の中で春ほど多くの人々、存在から待ち望まれている季節はないのではないでしょうか?今は梅雨で鬱陶しいですがね。 桜やチューリップ、色鮮やかな花が季節を彩り、新しい芽吹き・新緑に新しい生命力・エネルギーが満ち溢れます。 なぜ、これほどまでに春の訪れを望み、歓ぶのでしょうか? それは厳しい冬の季節があればこそ、春の訪れが歓びとなるのです。 もし仮に、季節が夏から春へと移行するのであれば、春の...
  • 妙法蓮華

    2021/06/05
    もう十数年も前のこと、変わった面構えのぼくはん椿が我よ我よと真っ赤に咲き誇っているさまに目を奪われたことがあった。住宅街の庭先に突如として現れた。子丘程に大きくなった塊にしばし時を忘れ立ち止まってしまったほどである。今思うと、経文にある『』が降ってくるとはあの時の花を全身に浴びるようなものなのか。いやいや、それでは些か迷惑な感じがする。 「・・・天より曼陀羅華・摩訶曼陀羅華・曼殊沙華・摩訶曼...

静岡にある当寺院で、永代供養を希望されている皆様にはぜひ一度当寺院まで足を運んでいただき、供養についての理解を深めてください。
永代供養を静岡県で行う当寺院は、葬儀から遺骨を納骨するお墓やお墓を管理する施設まで、故人が安心して死後の世界に逝けるように数多くのサービスをご案内しており、また当寺院のことを知っていただくための紹介も様々なメディアで行っておりますので、当寺院をご利用する前に一度ご覧ください。
寺院を利用するのが初めての方は、どういったことをするのかイメージが付きづらく、故人の方を任せて本当に大丈夫なのか不安になられます。
当寺院ではそのような不安を感じていただきたくないため、サイトでしっかりと寺院のことを紹介し、皆様と関わる住職はブログで日々のことや仕事のこと等随時掲載しておりますので、当寺院のブログをぜひご覧ください。