BLOGブログ

静岡で永代供養なら幅広く対応できる当寺院まで

静岡で当寺院は永代供養以外の供養を行ってまいります

永代供養を希望の皆様に静岡にある当寺院は、多くの情報と確かなサービスを体験していただける環境を整えておりますので、おすすめです。
静岡にある永代供養で評判の当寺院はその道を歩き続ける住職が皆様のお悩みに対してしっかりと対応していき、ご不安や悩みを解消できる環境です。
また当寺院のサイトでは、皆様と向き合っていく住職のことや日々の事柄まで、どんなことでもご相談いただけるような情報を更新しておりますので、当寺院のブログを一度ご覧ください。

  • 家族とは・・・

    2021/03/30
    家族は一番縁の深い存在だが、縁としての側面は影すらない。それだけ一体化していると云う事ではある。元々は家族が出来る時、男女に縁があって結ばれ、そこから始まるが、先祖が築き挙げた延長線のうえにおかれている。縁があって出来上がったのが家族、大切に大切に繫げてゆきたいものである。 だけれどその家族も一定ではいられない、満つれば欠けるの如くである。お釈迦様の手のひらの上で生活している我々の一生。亡く...
  • あきらめる

    2021/03/25
     情熱を持って始めたのに、いつしか「なんでこんなことしているんだろう」と目的や目標を失ってしまうことがあります。望んだ仕事の理想と現実の違いや厳しさ、人間関係、時間に追われる毎日など様々な苦難にぶつかっていくなかで、当初あった情熱が消えてしまうことはよくることです。しかし、このまま続けてこの先どうなりたいのかを見失った時、ただ目標もないまま妥協的に過ごすのは人生が勿体ないと思いませんか? そんな...
  • 立派に生きる

    2021/03/20
    「立派」って立派な言葉だけれど普通の漢和辞典には出てこないそうな これは日本で作られた日本語なので漢和辞典には載ってこない なるほどそうか 昔比叡山で日本各地から優秀な僧が集まって問答をする時 相手を打ち負かし論争に勝つことを 「羽を立てる」すなわち「立派」と言ったそうです 今でこそ簡単に「みごとだ」「素晴らしい」ことだけれど 元来もっと奥が深い努力精進まで包み込んでいる 立派になるにはそこで...
  • お大事に!

    2021/03/15
    お大事にしてくださいとか、大事にしまっておきなさい などと言いますが、元々佛教で『大事』とは一大事因縁のことを言います。つまりは略語です。 一大事因縁とは何かと言うと、全ての人を導き覚らせることです。仏法僧の三宝に帰依して自分の心に悟りを得ること、これが大事の正体です しかし、この世の人たちの能力や気質はさまざまで、その一人一人に仏自らと同じ知見を得させることは大変な事業です。そのためには...
  • 法華経法師品の教え

    2021/03/10
    法華経に難信難解とあります なんしんなんげと読みます 信じ難く解し難い 信じがたくげし難いと発音します 仏さまの偽りのない心を素直に述べた法華経ですが それはどれも簡単に理解できるものではありません 本当に仏さまの心を信じ理解するのには志がなければならないのです 『信』とは仏さまの言葉のままに信じることです 日本中世界中この世のあらゆる処で難信難解な事ばかりです まさに仏さまのみ教え通りの事...
  • 現在、過去、未来

    2021/03/05
    今までと今、そしてこれから 三世の中に我々は生かされています 過去の先祖も 現在の私も 未来の子供たちも 自分は通過点途中なんです 過去から伝わりきた命を 未来にむけて拝むのです 当山の彌勒の丘・納骨堂・永代供養塔は自分の命を確かめることのできる素晴らしいお墓です。是非お出で下さい。

静岡にある当寺院で、永代供養を希望されている皆様にはぜひ一度当寺院まで足を運んでいただき、供養についての理解を深めてください。
永代供養を静岡県で行う当寺院は、葬儀から遺骨を納骨するお墓やお墓を管理する施設まで、故人が安心して死後の世界に逝けるように数多くのサービスをご案内しており、また当寺院のことを知っていただくための紹介も様々なメディアで行っておりますので、当寺院をご利用する前に一度ご覧ください。
寺院を利用するのが初めての方は、どういったことをするのかイメージが付きづらく、故人の方を任せて本当に大丈夫なのか不安になられます。
当寺院ではそのような不安を感じていただきたくないため、サイトでしっかりと寺院のことを紹介し、皆様と関わる住職はブログで日々のことや仕事のこと等随時掲載しておりますので、当寺院のブログをぜひご覧ください。