BLOGブログ

静岡で永代供養なら幅広く対応できる当寺院まで

静岡で当寺院は永代供養以外の供養を行ってまいります

永代供養を希望の皆様に静岡にある当寺院は、多くの情報と確かなサービスを体験していただける環境を整えておりますので、おすすめです。
静岡にある永代供養で評判の当寺院はその道を歩き続ける住職が皆様のお悩みに対してしっかりと対応していき、ご不安や悩みを解消できる環境です。
また当寺院のサイトでは、皆様と向き合っていく住職のことや日々の事柄まで、どんなことでもご相談いただけるような情報を更新しておりますので、当寺院のブログを一度ご覧ください。

  • 静岡、納骨堂・永代供養「宗教」

    2019/12/27
    いま宗教を語るとき、世界中には数多のものが存在する。そういった中で現在では、霊視や神通力、呪術は眉唾ものカルト的だということで排除されてきた。一昔前に世界を驚かせた○○真理教などが一番有名でもあった。しかし、大昔は広く受け入れられていたらしいこともあった。中国から仏教が伝わると同時に、霊異・神験・神通などの言葉が日本に輸入された。そういう展開のなかでは、悪いことをすれば悪い報いがおき、良いことを...
  • 静岡、納骨堂・永代供養「風」

    2019/12/24
    今年を振り返ると、やはり自然災害に尽きると思います。特にはいうまでもなく台風でしょう。ことに15号と19号は各地で痛手を負ってしまった処や関係者には相当恐ろしい思いをしたことに自身も身が震えた。 風にも多々種類があるが、いい風もある。春一番がだれでも知っているとおり立春過ぎの強い南風のことをいう。薫風と言えば晴の清々しい風、藤の花をそよめく風がとても気持がいいですね。 東風(コチ)といあ言葉も...
  • 静岡、納骨堂・永代供養「風が吹くと」

    2019/12/21
    何か事が起きると巡り巡って思いがけない以外なところにも影響が出ること。また、当てにならない期待をすること。「大風が吹けば桶屋が喜ぶ。風が吹けば箱屋が儲かる」。ある現象で変化してゆく様子 昔の人は創造力たくましいですね。 1.大風で土ぼこりが立つ 2.土ぼこりが目に入って、盲人が増える 3.盲人は三味線を買う(当時の盲人が就ける職に由来) 4.三味線に使う猫皮が必要になり、ネコが殺される 5.ネコ...
  • 静岡、納骨堂・永代供養「叩き」

    2019/12/18
    叩くというと手や道具を用いて打つ。また、続けて、あるいは何度も打つ。「ハエを―・く」「肩を―・く」または打って音を出す。「手を―・いて呼ぶ」「太鼓を―・く」。さらに強く打つ。なぐる。ぶつ。「棒で―・く」「尻を―・く」。などと使われる。 我々の世界で叩くと言えば、木鉦もくしょうがある。お経のリズムをとるため、調子をとる為のもの。ゆるやかな「雨垂れ」から流れのよい「中拍子」または速いリズムで迫力の増す...
  • 静岡、納骨堂・永代供養「スタイル」

    2019/12/15
    何ごとも、ものごとに慣れるにはまず形から入るのが基本です。小衲も自転車乗り始めたのが12年ほど前だったけれど、最初はテレもあって馴染めなかったのが事実。いい歳をして今さらチャリンコかいなと外から見ている自分が居たのも事実。 しかし、暫くして解ったのが基本的スタイルだ。外見的なスタイルと心の持ちよう、二つを持ち合わせての姿勢が大切である。ものごとには総てこのスタイルを学ぶ必要がある。テニスには...
  • 静岡、納骨堂・永代供養「挨拶」

    2019/12/12
    朝はおはようございますグッドモーニング、ご飯は頂きます、ご馳走さま。お出かけは行って来ますに、ただいま帰りました。出会ったら、こんにちは、さようならと声がけするのが気持のいいものです。挨拶はとても大切になものです。 その中でも亡くなった時にするご挨拶が一番大切ですね。密かに密葬のみ済ませてしまうのは寂しい限りです。みんな揃ってしっかりと見送りのご挨拶をすることです。仏さまの世界に寄り道しない...
  • 静岡、納骨堂・永代供養「檀那さま」

    2019/12/09
    檀那(だんな)は、本来仏教の用語で、「布施」を意味する梵語「ダーナ(दान、dāna)」の訳語である。旦那とも書く。インド・ヨーロッパ祖の"donum(贈る)"を起源としてから派生した梵語ではこの項目の「ダーナ(旦那)」であるが、一方で西洋に伝わり英語に取り込まれたり、日本語化した単語"donation(ドネーション)"、"donor(ドナー)"も同じような起源と意味を持つ単語である。[1] 日本における用法[編集] 日本で...
  • 静岡、納骨堂・永代供養「檀那さま」

    2019/12/09
    檀那(だんな)は、本来仏教の用語で、「布施」を意味する梵語「ダーナ(दान、dāna)」の訳語である。旦那とも書く。インド・ヨーロッパ祖の"donum(贈る)"を起源としてから派生した梵語ではこの項目の「ダーナ(旦那)」であるが、一方で西洋に伝わり英語に取り込まれたり、日本語化した単語"donation(ドネーション)"、"donor(ドナー)"も同じような起源と意味を持つ単語である。[1] 日本における用法[編集] 日本で...
  • 静岡、納骨堂・永代供養「一大事」

    2019/12/06
    1 重大な事柄。容易でない事件。「国家の大事」 2 大がかりな仕事。大規模な計画。「大事を成す」「大事を企てる」 3 たいへんな結果。非常に心配な事態。「大事に至らないで済む」 4 出家して悟りを開くこと。 日常口にする。「大事な品物」、「大事な用件」、「大事な人」と。 もとは、さまざまの仏が人々を救済するために世に出現することを言う。「大事」、または「一大事」。我々の立場からは、出現し...
  • 静岡、納骨堂・永代供養「ご挨拶」

    2019/12/03
    「いってきます」と言えば「いってらっしゃい」と見送くるのが私たち人間の当然の挨拶です。毎日の生活でのご挨拶に頻繁に使われる言葉です。 帰ってくれば「ただいま帰りました」と「お帰りなさい」とご挨拶がされます。往くと来るだから往来という基本的な動作のなかに常にある詞です。人は最低限これが出来ないと失格です。「人」は「人間」ともいいます。人と人の間にある「間」が大切です。「間」を上図に結びつけるのが...

静岡にある当寺院で、永代供養を希望されている皆様にはぜひ一度当寺院まで足を運んでいただき、供養についての理解を深めてください。
永代供養を静岡県で行う当寺院は、葬儀から遺骨を納骨するお墓やお墓を管理する施設まで、故人が安心して死後の世界に逝けるように数多くのサービスをご案内しており、また当寺院のことを知っていただくための紹介も様々なメディアで行っておりますので、当寺院をご利用する前に一度ご覧ください。
寺院を利用するのが初めての方は、どういったことをするのかイメージが付きづらく、故人の方を任せて本当に大丈夫なのか不安になられます。
当寺院ではそのような不安を感じていただきたくないため、サイトでしっかりと寺院のことを紹介し、皆様と関わる住職はブログで日々のことや仕事のこと等随時掲載しておりますので、当寺院のブログをぜひご覧ください。