BLOGブログ

静岡で永代供養なら幅広く対応できる当寺院まで

静岡で当寺院は永代供養以外の供養を行ってまいります

永代供養を希望の皆様に静岡にある当寺院は、多くの情報と確かなサービスを体験していただける環境を整えておりますので、おすすめです。
静岡にある永代供養で評判の当寺院はその道を歩き続ける住職が皆様のお悩みに対してしっかりと対応していき、ご不安や悩みを解消できる環境です。
また当寺院のサイトでは、皆様と向き合っていく住職のことや日々の事柄まで、どんなことでもご相談いただけるような情報を更新しておりますので、当寺院のブログを一度ご覧ください。

  • 静岡、富士富士宮の納骨堂と永代供養塔をお早めに

    2019/02/27
    葬儀を終えてから当山にお出での方が時折いらっしゃいます。たまたま知り合いを通じてお寺を紹介されて葬儀だけ済ませる。葬儀業者に依頼してそこの契約寺院で葬儀を済ませ、お骨は自宅において保管している方々です。何霊位か納骨堂に納めましたが、出来る事なら事前に当山の新しいお墓のカタチを見学をしておいて欲しかったと思います。私たちは必ず老いて病んで亡くなってゆくと決まっており、誰しも遅かれ早かれ必ずお墓に...
  • 静岡、富士富士宮の納骨堂と永代供養塔はこれだ

    2019/02/24
    こういうお墓に出会って佳かった。石で出来たお墓しか知らない、しかしそれを持つことに不安を感じたEさんはそう言って微笑んだ。 Eさんは人の生き方に関して、「人生って偉くなるためにあるのではなくて、その人がその人らしく生きるためにある」という。流石に経験深くいうことに味があるものだと思った。そもそも一生に一度の人生なので楽しく、おもしろく生きるためにあって、偉くなるためではつまらない。偉くなるた...
  • 静岡で考える納骨堂と永代供養塔

    2019/02/21
    「生きているとはどういうことか」どう考えますか?私たちは人間ですか人間のこと、自分のことを一番に考えます。そう考えるの最も普通ですが、地球に存在する様々な生き物がいるというところにも目を向ける必要があります。トンボもいればコオロギもいれば、犬猫も、ライオン、クジラも数えれば切りがありません。生命誌研究者・中村桂子さんによると、人間は生物学では「ヒト」と言います。ヒトという仲間がこの地球に登場し...
  • 富士富士宮地区の納骨堂・永代供養は法典寺へどうぞ

    2019/02/18
    業者まかせの納骨堂経営は時として失敗するおそれがある。福井県某市の某寺院が平成22年に負債を抱え「倒産」したと聞いて驚いた。まさかお寺が・・・と当時のようすを覧てみると、寺院住職が有限会社を新設しても関わらず、寺は納骨堂の仕事をそこに任せていて、ほとんど主体的に関与していなかったという。そもそも福井県でコンピュータ制御システムの自動運搬送式が必要であったかどうかも問題視される。都会の納骨ビルな...
  • 静岡の納骨堂と永代供養塔(合同墓)

    2019/02/15
    ある雑誌に「合同墓、建設で目指す・築地本願寺の新しい布教伝道のあり方」浄土真宗本願寺派である築地本願寺が、関東での布教伝道の中心的存在といえるそのお寺に昨年11月「合同墓」と銘打たれた納骨堂が完成した。地下に253平方メートルの遺骨保管スペースを作り、そのうち個別保管区域に約2万4千件、合同区画に同じく2万4千件の遺骨を収納できる、大規模な納骨堂を作った。とある。全国に寺院数10,182、所属...
  • 静岡で納骨堂・永代供養塔の条件とは

    2019/02/12
    いまお墓に求める時の条件を上げるといくつかあるが、まずは子供への継承を前提としないこと。相続の対象にしてもらいたくないことがあげられる。二番目に、自宅からそう遠くない近隣にある墓(納骨堂)がお参りしやすいので好まれる。三番目に、妥当な価格設定があげられる。次に、永代供養・共同墓が取り入れられているかどうか。終いは、高級感を保ちコンセプトが的確に打ち出されているか、などがあげられる。 とくに、...
  • 静岡で納骨堂と永代供養をしたい時

    2019/02/09
    都心部を中心に最新式のコンピュータ-システムを備えた巨大なビル形式の納骨堂が建ち並び、週末にもなると新聞の折り込みチラシには、これらの納骨堂の宣伝広告が山盛りに入っているという。日本は高齢化社会になり、それ故に亡くなる方が多く存在するということ。ただ最近増えて来た、家族葬など簡素化の方向性もあるものの、大和民族の感情にあるお墓は持ちたいという思いは強く残っている。 都会にある納骨堂はまるで高...
  • 静岡で納骨堂と永代供養を捜索する

    2019/02/06
    お墓を求める時、利用するに際して必ず行われる必ず葬儀や年忌法要には必ずお布施が必要となります。お寺は檀信徒のお布施で成り立っております。日本仏教が民衆の支持を受けたのは、近親者の死という危機にあって、その死者の存在を尊いものとして受け止め、共に送り、葬る作業を僧侶が行ってきたからである。解り易く云うと、どんな命にも意味があり、価値があり、尊ばれるべき、人格をもった存在として位置づけ、その命の喪...
  • 富士、富士宮にある納骨堂と永代供養塔をもつ時

    2019/02/03
    お墓をもつときに関連をしてお葬式のことを頭に入れてください。そもそも寺院とは公共性を有しているものなので地域と強いきずなをもっていなければならない。昔の寺院は地域コミュニティーの中核であった。また、子供会などの行事を寺院にて行っていたことがあり懐かしくもあり、地域の拠り所としてしっかりと機能をしていた。さらに困ったことや解らないことがあると、「お寺の住職に聞いてきなさい」と公益性が充分にあった...

静岡にある当寺院で、永代供養を希望されている皆様にはぜひ一度当寺院まで足を運んでいただき、供養についての理解を深めてください。
永代供養を静岡県で行う当寺院は、葬儀から遺骨を納骨するお墓やお墓を管理する施設まで、故人が安心して死後の世界に逝けるように数多くのサービスをご案内しており、また当寺院のことを知っていただくための紹介も様々なメディアで行っておりますので、当寺院をご利用する前に一度ご覧ください。
寺院を利用するのが初めての方は、どういったことをするのかイメージが付きづらく、故人の方を任せて本当に大丈夫なのか不安になられます。
当寺院ではそのような不安を感じていただきたくないため、サイトでしっかりと寺院のことを紹介し、皆様と関わる住職はブログで日々のことや仕事のこと等随時掲載しておりますので、当寺院のブログをぜひご覧ください。